破産者の給料はどうなるのか

自己破産をすると、債務が免責される代わりに所有している財産を処分することになります。
破産手続き開始前に会社から給料が既に支払われていて、現金として保管されていれば現金として、預金・貯金口座に入っているのなら預金・貯金として扱われます。
給与が預金口座に振り込まれて残高が20万円以上となったときは、20万円を超えた部分は全て処分することになります。
一方、破産手続き開始前に給与がまだ支払われていなければ、月額の給与額が33万円未満の場合は4分の1範囲は差し押えられ、残りの4分の3の範囲は生活を保障するため差し押えが禁止されています。
月額の給与額が33万円を超える場合には、4分の1の金額と給与額から33万円を控除した額のどちらか大きい方が差し押え対象となります。ただ、報酬であれば全額処分することになってしまいます。
破産手続きが開始された後は給与の差し押えは出来なくなるほか、債権者が会社に取り立てに行くことも禁止されています。免責が確定した後は債務が免責されたため、差し押えられることはないです。
自己破産した場合に保有できる現金は最大99万円までで、現金99万円までとは別に20万円以下の貯金や預金を維持することも可能です。

Comments are closed.