破産者の借金や財産の取り扱い

破産者の借金や財産については、様々な決まりがあり、生活に必要な最低限の財産については守られる事になっており、尚且つ自由財産に該当するものに至っても、差押えがされる事が無い事になっています。
自由財産には99万円以下の現金や残高20万円以下の生命保険解約返戻金等となっており、査定価格が20万円以下の自動車等も含まれている地方も存在します。
こうした内容は、具体的に数字が何万円以下という規定が行われている場合も多く、数字が確定されています。
各地方裁判所でこれらは定められており、破産後の生活についてはこれにより、再起しやすい状態での破産をする事が可能です。
破産債権や破産財団においては、これらの自由になる財産についての差押えを強制的に行う事はできない事になっており、破産財団等によって、破産をいしているからという理由から、生活を送る事ができないような状態にまで追い込まれてしまうような事はなくなっています。
より具体的にこの借金や財産の取り扱いについて知りたいという事であれば、差押えられるのがどこまでになるのかという事を地方裁判所等で確認しておくと、地方によって別の事柄が出てくる等し、混乱を招く事がなくなります。

Comments are closed.