任意整理も選択の一つに

子供09借りているお金をどう頑張ってみても返せなくなってしまった場合には、自己破産の手続きを取ることができます。一昔前までは、借金の返済に追い詰められた挙句、自殺したり夜逃げしたりする人が後を絶たない時代がありました。現在に比べると、貸金業者に対する法規制が不十分だったためにかなり暴力的な取り立てが横行していましたし、金利も驚く程に高くなっていました。しかし、自殺者の数が増えるにしたがって大きな社会的問題とされるようになり、貸金業者を規制する法律の整備が進められました。なので、ひところに比べると、かなり消費者保護が徹底されるように変わっています。そうは言っても、返済に行き詰まってしまえば金融業者から督促があるのが当たり前です。現在でも無許可で悪質な営業を行っているヤミ金業者が存在していますので、場合によってはかなり執拗な取り立てを受けることになります。そのような状況に追い込まれた人は、往々にして「もう死ぬより他に借金から逃れる術はない」と思いつめてしまいがちですが、裁判所に自己破産の申し立てをすることによって、借金を全てチャラにしてもらうことができます。裁判所を介する手続きとなりますので、素人が自分で行うのはまず無理です。ですので、自己破産手続きを得意としている弁護士に依頼するのが、一番手っ取り早い方法だと言えます。しかし、自己破産すると日常生活上の様々な制限を受けることになりますので、職業制限などを一切受けないという利点がある任意整理という方法を選択するというのも一つの方法です。

Comments are closed.