裁判官との面接で重要なポイント

自己破産をするとなった時には裁判所に申立書を提出することとなりますが、裁判官はこの提出された申立書や添付書類を見ながらその人が本当に借金を返すことができないのかどうかを判断します。そしてこの裁判官にその人が借金を返すことは無理だと判断をされることで初めて、破産手続き開始決定がスタートするのです。このとき、自己破産をする人に財産がないという際には破産手続きをスタートすると同時に廃止決定の判断が下されるのです。
これで破産手続きは完了となりますが、次は免責手続きを行わなければなりません。この免責手続きは借金の支払い義務を免除してもらうために行うもので、裁判所で裁判官と面接をして破産審尋を行うこととなります。裁判官から返済不能になった理由や状況等について口頭で質問を受けることとなりますが、申立書や陳述書がしっかりとしていれば質問をされることはほぼありません。ですからもしこういった書類に不安な点がある場合には司法書士や弁護士等に事前に相談をして、そのうえで手続きを進めていくことが大切です。また自分で自己破産の申し立てをすることも可能ですが、素人では難しい部分もあるのでプロに依頼をすることでスムーズに進めることができます。

Comments are closed.