差押えできない借金の種類

 差押えできない借金とは、いったいどういうものなのでしょうか。
 よく、借金の形に差し押さえるという言葉をお聞きになることはないでしょうか。
 その差押えですが、実は出来るものと出来ないものがあり、そして、種類があるのです。
 それは、差押禁止債権と言われるもので、
1 債務者等の生活に欠くことのできない物。
2 債務者等が、一か月生活するために必要な、食料や燃料。
3 標準的な世帯の必要性経費を換算した額。
 など、その他、実印なども挙げられます。
 また、民事執行法の規定では、さらに細かく、家具や家電なども定められています。
 タンスや洗濯機、ベッド、鏡台、冷蔵庫等、多岐に渡っています。
 お給料も、生活に困らない程度の額は保証されています。
 恩給や国民年金、厚生年金などの請求権。
 生活保護・福祉・援護・扶養を目的とした給付請求権。
 損害賠償や、労災補償金の請求権なども保障されています。

 借金をしてしまう理由は、それぞれ、違うかと思いますが、たとえ多額の借金をしてしまっても、個人の生活はちゃんと、法律で保障されているのです。
 一人で抱え込み、悩んでいても、解決しませんし借金も無くなりません。
 どうか、弁護士に相談してください。
 きっと、何かのお役にたてると思います。

Comments are closed.