自己破産の際に注意すべき点

人生においてはさまざななケースにおいてお金が必要になります。普通に生活をしていくだけでも相当のお金が出ていくといえます。そのために消費者金融や信販会社などの金融機関からの借り入れが必要になります。日本においてもかなりの割合の方が、金融機関のお世話になっているということができます。もちろん、借りた以上は返す必要があります。そこで問題になるのが、無計画な借り入れによる返済の行き詰まりです。今日でも多くの債務者の方が、支払いに行き詰まり、債務整理や特定調停などを余儀なくされています。むろん、返すことを放棄し、行方不明になったり、親に甘えて代わりに支払ってもらったりするよりはいいかもしれませんが、債権者との当初の契約からすれば逸脱していると言わざるを得ません。また、完全に行き詰った場合は、自己破産という手続きをとることができます。これは、債務者の救済のために認められた行為です。自己破産するにあたり、破産者の財産においては、原則としてすべて処分の対象になりますが、裁判所の取決めに従う必要があります。学資保険においては、大体の場合は解約しなければなりません。未納の税金に関しては免除されませんので、引き続き支払わなければいけません。退職金請求権も財産として扱われますので注意が必要です。

Comments are closed.