自己破産をすることの利益と不利益の比較

自己破産は最後の手段であることから、簡単に選択をすることができるものではありません。この手続きは自分で行うことも可能ですが、弁護士や司法書士といった専門家に依頼をすることが一般的です。プロに依頼をすることで失敗をすることもなく、スピーディーに解決をすることができます。現在はこの手続きを希望する人が大変多いので、無料で相談にのっているところや後払い、もしくは分割払いが可能となっているところも少なくありません。
手続きをすることのメリットは、債務が免除されて借金をなかったことにすることができるということです。しかし良いことばかりではありません。人によっては不利益を被ることもあるのです。その一つに財産を失うということがあります。破産をすることで財産を処分しなければならないので、もしも土地やマイホーム、別荘などを持っている場合にはこれらを手放すこととなり一定の財産を失うことは避けることができません。そして裁判所の許可なしでの住所の転移は不可能となり、長期の旅行も制限をされるのでそのつもりで手続きを行うことが必要です。
信用情報に記載がなされることで、銀行からの借り入れやクレジットカードを持つことも一定期間できなくなります。

Comments are closed.